不動産と相続

不動産の相続手続き

トラブル防止のためにも速やかに相続登記しましょう

トラブル防止のためにも速やかに相続登記しましょう遺言書や遺産分割協議などで遺産の分け方が決まったら、速やかに財産の名義変更を行います。特に重要なのは不動産の名義変更(相続登記)です。相続登記は義務ではありませんが、そのままにしておくと売却や担保設定ができなかったりするほか、次の相続が発生した時に権利関係が複雑になってしまうこともあります。
相続登記の手続きに期限はありませんが、無用なトラブルの発生を防ぐためにもできるだけ早く済ませておくようにしましょう。また、相続登記には様々な書類が必要となりますので、経験豊富な弁護士のサポートを受けられることをおすすめします。

不動産の分け方

不動産を相続する時は弁護士に相談しましょう

不動産は遺産相続において最も分けにくい財産だと言えます。不動産の分け方には「現物分割」「換価分割」「代償分割」「共有分割」などの方法がありますが、それぞれ適切に対処しないとトラブルの原因となることがありますので、不動産を相続する時には経験豊富な弁護士に相談されることをおすすめします。

現物分割

個々の不動産を各相続人にそのまま分配する分け方です。明確な分け方で、不動産を現物のまま残せるなどのメリットがありますが、相続分通りに分配するのは難しいと言えます。

換価分割

不動産を売却するなどして金銭に換えて、それを各相続人に分配する分け方です。公平な分配が可能となりますが、売却に手間や費用がかかる、現物が残らないなどのデメリットもあります。

代償分割

一部の相続人に財産を与えて、他の相続人に対して金銭を支払う債務を負わせる方法です。公平な分配が可能となりますが、不動産の評価額をめぐってトラブルに発展する恐れもあります。

共有分割

複数名の相続人で持ち分を定めて不動産を共有する方法です。公平な分配が可能となり、現物を残すことができますが、利用や処分の自由度が低く、次の相続の時に権利関係が複雑になるなどのデメリットもあります。

相続登記で必要となる書類

相続の形態などにより必要となる書類が異なります。

書類の種類 遺言相続 遺産分割協議 法定相続
申請書など 登記申請書
申請書の写し
相続関係図
被相続人 戸籍謄本など
※死亡の記載

※出生から死亡まで

※出生から死亡まで
住民票(除票)または戸籍の附表
相続人 戸籍謄(抄)本
※不動産の取得者のみ

※全員必要

※全員必要
住民票
※不動産の取得者のみ

※不動産の取得者のみ

※全員必要
その他 遺言書 × ×
遺産分割協議書 × ×
相続人の印鑑証明書 × ×
固定資産評価証明書

○…常に必要
△…必要になる場合もある

相続登記の流れ

不動産を相続する人を決める

遺言書や遺産分割協議などで不動産を相続する人を決定します。

相続登記に必要な書類を集める

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本や、相続人の戸籍謄本など、相続登記に必要な書類を集めます。

登記申請書の作成

必要書類を集めたら、登記申請書を作成します。

法務局に申請

法務局に相続登記の申請を行います。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
事務所紹介 ご相談の流れ よくある質問