遺産相続に伴う名義変更

預貯金・株式などの名義変更

預貯金の名義変更・解約

預貯金の名義変更・解約銀行などの金融機関では、被相続人の死亡を確認すると、被相続人名義の預貯金口座のすべての取引を凍結されます。そのため、相続手続きが終わるまで預貯金が引き出せなくなりますので、承継者が決まったら速やかに相続の手続きを行うようにしましょう。預貯金を引き出せるようにするためには、遺産分割を確定させて、金融機関に所定の相続届や、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本などの書類を提出する必要があります。
銀行などの金融機関での手続きの内容は、口座の名義を変更するか、解約して払い戻しを受けるかのどちらかになります。

預貯金の名義変更・解約に必要な書類

金融機関によって必要な書類は異なりますので、事前に確認されることをおすすめします。

  • 所定の相続届
  • 通帳、証書、各種カードなど
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 遺言書(相続の形態によって必要)
  • 遺産分割協議書(相続の形態によって必要)

など

株式の名義書換

相続により株式を取得した場合には、名義書換の手続きが必要となります。名義書換をせずにそのままにしておくと、配当金の受け取りなどの株主としての権利が行使できなくなります。
株式の名義書換の手続きは、発行元の会社が指定する信託銀行や信託証券会社などの「株主名簿管理人」の窓口で行います。所定の株式名義書換請求書や株券、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本などを提出する必要があります。
株式の名義書換では手数料はかかりませんが、株券を証券会社に預けている場合には、所定の取次手数料が必要となります。

株式の名義書換に必要な書類

相続の形態によって必要となる書類は異なりますので、事前に確認されることをおすすめします。

  • 所定の株式名義書換請求書
  • 所定の株主表
  • 株券
協議分割の場合

※上記の書類に加えて

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書

など

遺言分割・遺贈の場合

※上記の書類に加えて

  • 被相続人の死亡の記載がある戸籍謄本
  • 遺言書
  • 遺言執行者または承継者の印鑑証明

など

その他の名義変更

自動車を相続する時には移転登録が必要になります

預貯金や株式以外にも、相続が始まったら自動車や借地権・借家権の名義変更も必要となります。動産の場合、ほとんどは現物の引き渡しをもって完了となりますが、自動車については移転登録の手続きが必要となります。そのまま乗り続ける場合はもちろん、譲渡や廃車にするつもりでも名義変更を済ませておかなければいけません。新しい使用者の住所を管轄する運輸支局などで早めに手続きするようにしましょう。

その他の名義変更と必要書類

自動車
手続きの内容
  • 運輸支局などで移転登録
必要書類
  • 移転登録申請書
  • 自動車検査症
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 遺言書(相続の形態によって必要)
  • 遺産分割協議書(相続の形態によって必要)
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

など

借地権・借家権
手続きの内容
  • 地主・家主に対して権利を承継した旨を通知して、契約書の名義を変更してもらう
生命保険・損害保険
手続きの内容
  • 保険会社で契約事項を変更
必要書類
  • 所定の変更請求書
  • 保険証券

など

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
事務所紹介 ご相談の流れ よくある質問