生前の相続対策

残されたご家族が相続で悩まないようにするために

紛争・節税・納税資金の3つへの対策が大切です

紛争・節税・納税資金の3つへの対策が大切です生前の相続対策の主な目的に、「紛争対策」「節税対策」「納税資金対策」の3つが挙げられます。
相続発生後、ご家族間で紛争を起こさないようにするためには「遺言書の作成」「成年後見人制度の利用」などが有効です。適切な対策を講じていなかったばかりに、残されたご家族の関係にヒビが入ってしまうこともあります。
また、残されたご家族のために「生前贈与」や「生命保険の活用」などで節税対策を講じておくことも大切です。生命保険は残されたご家族の生活を保障するだけでなく、相続発生後のトラブル防止としても効果的です。
そして、相続が発生して高額な相続税を納めなければいけなくなったが、遺産は不動産が多くて現金や預貯金がないという場合の対策としても、「生前贈与」「生命保険の活用」は有効です。
生前の相続対策には様々な方法がありますが、ご家族の状況や財産などによっても選択すべき最善の方法は変わってきます。ですが、残されたご家族が相続で悩まないようにするためには、早めに対策を講じることが大切です。「家族をトラブルから守りたい」「相続税の負担を減らしたい」などとお考えでしたら、大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所までお早目にご相談ください。経験豊富な弁護士が、お客様お一人おひとりに最適な方法をご提案します。

生前の相続対策の例

遺言書の作成

相続発生後、ご家族間でトラブルを引き起こさないためには遺言書の作成は欠かせないと言えます。弁護士の専門知識を活用して、ご家族を相続トラブルから守れる遺言書を作成するようにしましょう。

任意後見制度の活用

将来、判断能力が低下した時に備えて、事前に信頼できる人物に財産の管理などをお願いしておくことで、相続人が勝手に財産や預貯金を使い込んだり、不明朗な支出などにより財産が散逸したりすることを防ぎ、相続トラブルを予防することができるようになります。

生命保険の活用

生命保険の受取人に相続人を指定しておけば、被相続人が死亡した時に現金が支払われるので、相続税の納税資金対策となります。また、生命保険には「500万円×法定相続人の数」の非課税枠がありますので、これを活用して相続税を節税することもできます。

生前贈与

生前のうちに毎年、贈与税がかからない範囲で相続人に財産を贈与しておくことで、相続財産を減らしてある程度の財産を無税で移転する方法です。ただし、特定の相続人のみに生前贈与していると、「特別受益」の問題が発生する場合がありますので、専門家である弁護士のアドバイスを受けながら適切に贈与されることをおすすめします。

民事信託の活用

民事信託を活用することで、遺言書だけではコントロールできない財産の承継方法も可能となります。例えば、「長男に不動産を承継させ、長男が死亡した後は次男に承継させる」といった方法や、「子供がいないので自宅は妻に承継させて、妻が死亡した後は妻の兄弟姉妹にではなく、自分の兄弟姉妹に承継させる」といった方法など、幅広い選択肢の中から被相続人の意志・希望がより反映させられるものを選ぶことができるようになります。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
事務所紹介 ご相談の流れ よくある質問