相続でよくあるお悩み

こんなことで、お悩みではないですか?

遺産を相続する時、何から手をつけたらいいのかわからない

まず、財産関係を調べることです。プラス財産、マイナス財産、それらがそれぞれどの程度あるのか、しっかり把握するようにしましょう。

そして次に、相続人として誰がいるのか? また誰がどの程度相続することができるのか?
そういったことについても把握しておく必要があります。

その上で、例えば借金などのマイナス財産の方が多い場合には、相続放棄や限定承認といったことも考えなければいけませんし、反対にプラス財産の方が多い場合には、その財産を相続人の間でどう分けるか、そういったことを考えなくてはいけません。

遺言書は作成した方がいいのか?

遺言書があるかないかによって、遺産相続のその後の流れは大きく変わってきます。そういう点でも、遺言書は遺産相続において最も重要なものであると言えると思います。遺言書があれば、そこに記載された内容に基づき遺産を分配していくことになります。しかし遺言書がない場合には、法定相続分に応じて分けていく形になります。

そして遺言書を作成することの最大のメリットは、誰にどの程度遺産を渡したいのか、そういった亡くなった方の意思を明瞭にすることができる点です。もし遺言書がなく、ただ単に口頭で伝えていただけだと、法定相続分で分けられてしまいます。場合によっては発言権の強い人が強引に持っていってしまうことなども起こりえますので、それをきっかけに深刻なトラブルに発展しないとも限りません。
やはり亡くなった方の意思を相続人の方々にわからせるためにも、遺言書は作成しておくべきだと思います。

相続問題は、当事者同士で解決するべきか? それとも、弁護士に相談するべきか?

家族間で起こることの多い相続問題は、家族であるがゆえの感情や事情が複雑に影響し合うことから、他人同士のトラブルよりも深刻なものに発展しがちです。そうした時に、無理に当事者同士で解決しようとすると、かえってこじれる場合がほとんどです。
ですので、相続問題が発生した時には、すぐに弁護士に相談することをお勧めします。

法律の専門家である弁護士が間に立つことにより、冷静かつ客観的な意見や判断を得ることができますし、またそれだけでなく、相続に関わる複雑な法律を知らなかったばかりに、本来もらえるはずであったご自身の相続分をもらい損ねてしまう、そんな事態を回避することもできるのです。

PageTop