弁護士インタビュー

トラブルが深刻化するその前に、お早めに弁護士にご相談ください

様々な法律が複雑に関係してくる相続問題。
だからこそ、それらを円滑に解決に導くためには、法律の専門家である弁護士の存在が不可欠。
それでは、相続問題を弁護士に依頼することには、どんなメリットがあるのか?
そのことについて、「西田広一法律事務所」代表弁護士・西田広一弁護士にお話を伺いました。

相続問題を弁護士に相談するメリットとは?

――どうして相続問題は、弁護士に相談した方がいいのでしょうか?

遺産相続に関わるトラブルは、家族間で相続する際に起こることが多いのですが、こうした家族間でのトラブルは、他人同士のそれよりも厳しい状況に陥りがちです。場合によっては、互いの心と心を傷つけあうような事態にまで発展してしまうこともあります。
ですので、そうした事態を回避するためにも、弁護士を間に介して、「落ち着いて、冷静に」交渉に臨むのが理想的です。

それから相続問題の中には、法律的に難しい問題、また専門的な問題などもあって、「気づかないうちに、損をしていた」などということも起こりがちです。ですので、自分の正当な権利をきちんと確保するという観点からも、弁護士に相談されることをお勧めします。

――つまり、トラブル回避・解決だけが、弁護士に相談するメリットではないということですね?

そうです。
法律に関する知識がないために、本来もらえるはずだった遺産がもらえなくなるような事態を避ける、そういったメリットも期待できるのです。

そして相続問題は、初めてそれを経験される方が多く、そのため「何から手をつけたらいいのか?」「どうすれば円滑に進めることができるのか?」そういったことで頭を悩ませてしまうことでしょう。
しかし、それを当事者同士で解決しようとするとこじれる場合が多く、最悪の場合、問題は解決しても家族間に遺恨を残してしまうということにもなりかねません。
ですので、そうなる前に早期に弁護士に相談された方がいいでしょう。その方が、悩まず、妥当な解決に向かいやすいと思います。

――トラブルが深刻化する前に、まずは早期に弁護士に相談すべきだと?

問題解決に向けて、基本的には当事者同士の話し合いで決めるにしても、第三者である弁護士が間に入ることで、どのあたりが問題解決の「落としどころ」か、冷静な判断が下されやすい状況が生まれます。
つまり、解決後に当事者の一部から「こんなはずじゃなかった」「もっと取れるはずだ」そういう不満が出て来にくい解決へと導くことができるというわけです。

――解決後に禍根を残さないためにも、弁護士の存在は有効だということですね?

最初にも言いましたが、相続問題は家族間で起こることの多い問題です。ですので、禍根を残さないような解決の仕方を心がけなければいけません。しかし、当事者同士だけでそれを目指すとなると、どうしても冷静かつ客観的な判断を下すことができずに、こじれたり揉めたりしてしまいがちです。
ですが、当事者と当事者の間に弁護士を立てることで、そうした事態は回避することができるのです。

ご相談者様、ご依頼主様へのメッセージ

――これからご相談・ご依頼をされる方に、メッセージをお願いします。

基本的にはご相談者様・ご依頼主様の意思を尊重しつつも、しかし無理を通し過ぎて、ほかのご家族から恨まれるようなことがあってはいけません。相続問題が終わっても、家族関係はその後もずっと続いていきます。いつどこで顔を合わせるか、また、いつどんな場面で世話になるかわかりません。
ですので、正当な権利はきちんと主張していく一方で、あまり徹底し過ぎず、誰もが納得のいく円満な形での解決を目指して参ります。

相続問題を経ても、家族が「家族」のままあり続けられるように。
それが当法律事務所のモットーです。

PageTop